FC2ブログ
知り合いの方から土壌活性化の試験をしたいので、大塚にんじんの圃場を少し貸して欲しいと言う依頼がありました。

聞きますと、山から切り出した間伐材やら、もみがらやら、海藻やら、本来廃棄すべきものを特殊な製法で炭の粉にし、圃場に散布し土壌を活性化し、結果野菜類の成長を促進させると言うもので、化学肥料の使用量を押さえられるし、その効果は3年間続くと言い、環境に非常に優しいものらしいです。

今、色々な畑や田圃で実証作業中らしいです。

前々から炭を使って、稲の発育をよくする土壌活性化方法はありましたが、さて今回はどうでしょう?

この試験に2.2畝ほど提供しました。

siken3_convert_20120528081736.jpg
この大きな袋の中にその炭を粉にしたものが入っています。

siken1_convert_20120528081658.jpg
対象の面積に対しきめられた分量の活性化炭を撒いていきます。約1畝につき100リットルだそうです。

sikenn6_convert_20120528081929.jpg

撒き終わったらトラクターで耕転します。
me2_convert_20120528081543.jpg


奥の茶色のみの畑が通常通り大塚にんじんを栽培する畑、手前の黒くなっている畑が活性化炭をまいた畑です。
さて生育や出来に違いが出るでしょうか?結果はその都度ブログで報告します。

siken4_convert_20120528081834.jpg
スポンサーサイト
2012.05.30 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
NPO法人「富士川・夢・未来」さんが企画する、「どこかに人手不足で困っている農家さんがあったら無償でお手伝いしますよ企画」援農隊の皆様に、先週月、火、木、金曜日と今週の日曜日の五日間お手伝いしていただきました。

手伝っていただいた作業は、芽かきをして下に落としていった芽の集積、搬出作業です。

当然欠いた芽は私達にとっては不要でありますから、如何様にもしてよいと言う事です。

捨ててしまえばただの余計な芽ですが、皮を剥けば美味しいベビーコーンになりますから、参加者の皆さんはそれも楽しみに来ている様子です。

まずは私達農園スタッフが芽かき
(この作業は割とデリケートな作業なので、自分達で行います)
me9_convert_20120528082654.jpg


me18_convert_20120528083159.jpg
手前が我社の期待のホープ、後ろに見えるのが母(お姉さんじゃありません)・・・(親子で作業です)

me5_convert_20120528082721.jpg
かいた芽はどんどん下に落としていき、それを援農隊の皆さんに拾って、畝から外に運び出してもらいます。
me6_convert_20120528082746.jpg

この作業を手伝ってもらうだけでも大助かりです

運び出した芽は参加者の皆さんの物です。

と言う事で、芽かき援農のメインイベント
ベビーコーン作り!(要するに皮むき)
皆さん集中して、延々と剥き続けます。
me11_convert_20120528082942.jpg
この日も

me16_convert_20120528083121.jpg
この日も

me3_convert_20120528082535.jpg
そしてこの日も

me13_convert_20120528083047.jpg

集積作業がない分、我が農園スタッフは一休み・・・
me7_convert_20120528082840.jpg

ただ皆さん皮むきに集中しすぎて、集積作業が意識の中から消えてしまい、我がスタッフが集積作業・・
me8_convert_20120528082905.jpg
次の作業スケジュールもある事から、お手伝いをしにきてくれた援農隊のお手伝いもしました

でも、「拾って、運び出す、不要なものを持って帰ってもらう」ことをしてもらうだけでも、我々にとっては大変助かります、「富士川・夢・未来」のスタッフさん、「援農隊」のみなさん本当に有難うございました


2012.05.29 Tue l 未分類 l コメント (1) トラックバック (0) l top
とうもろこしの芽かき作業がいよいよ始まります。

かいた芽はその日のうちにベビーコーンとして調理すると、青臭くなく甘くて、柔らかくて美味しいと大変評判で、結構人気が有ります。

今日も「甘々娘」を買っていただいている旧春日居町のお客様から、ベビーコーンが取れたら教えてほしいとの電話がありました。

しかし、このベビーコーン美味しいのですが剥くのに少々根気がいる事は御存知だと思います。

とうもろこし特有の毛(雌穂)がいっちょまえにびっしり生えていますし、このころは小さくてすぐ折れてしまいます。

この作業を少しでも楽に、しかも綺麗に剥く方法をお教えいたします。

まず、剥き方を知らない人がベビーコーンを向いた場合は、大きくなったとうもろこしと同じような剥き方をしてしまうと思います。


こんな風に・・・
be1_convert_20120518172206.jpg
次に
be7_convert_20120518172438.jpg

皮の中から毛ごと取り出し
be8_convert_20120518172504.jpg

後から毛を取り
be9_convert_20120518172526.jpg

このようにする
be10_convert_20120518172548.jpg

結構簡単じゃん!と思うでしょうが、これが何十本、百何本って剥かなきゃならない場合大変です。

少しでも早く、楽に剥ける方法をお教えいたします、
最初は同じです
be2_convert_20120518172231.jpg
ここまで剥いたら、毛の部分を左手ではさみ、右手でベビーコーンの外側下(お尻の部分)を押し上げます。
be3_convert_20120518172259.jpg
すると一気に毛がほとんど取れてしまいます。
後は性格に合わせて
be4_convert_20120518172324.jpg
このくらいで妥協するか・・

be5_convert_20120518172349.jpg
つるつるにするか・・・です。

1、2本じゃそんなに差が出ませんが数が多くなるとこの方法が非常によい事を実感されると思います。

ベビーコーンは竹の子と同じで、成長エネルギーを一杯持っていますので、早く調理しないとすぐ美味しさが逃げていってしまいます。

人にあげるときは十分注意してください。

せっかく苦労して剥いても時間がたったものをあげてしまうと、すえたものをあげてしまう場合もありますから
2012.05.18 Fri l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top
syo_convert_20120513091633.jpg

我が家のデブ猫「ショボ」は呑気に自宅であくびしていますが・・・

いよいよ忙しくなってきたトウモロコシ畑では

ha1_convert_20120513091303.jpg
トンネル資材の片付けや

ha3_convert_20120513091329.jpg
いよいよ成長が早くなってきた雑草の除草やら

ha4_convert_20120513091353.jpg
またこの日もトンネルのビニールの撤収作業やらです。

もうすぐ収穫です・・・。
2012.05.13 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
とうもろこし「甘々娘」は順調に育っています。

hata1_convert_20120509085720.jpg
一番最初に収穫予定の会社裏の畑

mo1_convert_20120508174821.jpg
次に収穫予定の畑


mo2_convert_20120508174845.jpg
一番大きい畑



mo4_convert_20120508174943.jpg
斜面に播種した露地物・・・成長が少し遅れ気味です。

mo5_convert_20120508175008.jpg
一番標高が高い所にある畑、この畑の収穫がトンネル物の一番最後になると思います。

mo6_convert_20120508175033.jpg
今年から作付けした畑、一度霜で全滅し上の写真の畑より後に撒きなおしたのですが、標高が低い所で温度が高い生でしょうか?
上の写真のとうもろこしより背丈が高く、成長が早いです。

最近、茨城での竜巻に表されますように、天候不順が気がかりですが今のところ露地物以外はスクスク順調に育っており。

第一回目の芽かきを来週半ば頃から、収穫を6月10日頃から予定しています。

一回目の芽かきで取れたベビーコーンは青臭くなく、みずみずしく、甘いです。

会社まで来ていただければ、無料でさしあげます。

ちなみに、昨日はトンネルを覆っていたビニールの撤収作業をしました。

mo8_convert_20120508175130.jpg

mo7_convert_20120508175105.jpg
2012.05.09 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top