FC2ブログ
我が農園に住み着いた雉・・、作業してると着かず離れず一日中そばにいます。

雄雉で色も鮮やか!今、当農園で人気者になっています・・・・



華道の研究会で神戸に行っている女房が、先輩先生から聞いた話ですが・・・

「雉は頭がいいから、トンネルの中まで入ってきて種を全部食べちゃうらしいよ!」って事でした。

そお~言われてみりゃ下の写真

ki4_convert_20120309074409.jpg

トンネルのフレームの中に平気でいます。

普通、カラスでさえこのような場所は飛び立つ時に、大事な羽を損傷してしまう危険があるので入ってきません。

この後トンネルのビニール張り作用、その後数日して(地面の温度を上昇させてから)播種です。

頭がいいから、ビニールをめくって中まで入ってくるのでしょうか?

さすが日本の国鳥です!って感心してる場合か

雉の行動しだいでは、我が農園のアイドルがひょう変、最強の敵になるかも知れません。
スポンサーサイト
2012.03.15 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
昨日は一番大きな畑のトンネルビニール張りをしました。

農業担当の望月は、去年使ったビニールを再度利用してトンネルを張った場合と、毎回材料費はかかりますが毎年真新しいビニールでトンネルを張った場合の材料費や労務費やビニール処分費等諸々含めた原価比較も実施中です。

企業として農業に取り組むには原価管理は絶対に必要ですから・・・
ki1_convert_20120309073958.jpg


ところで前回紹介した雉、また今回もやってきました

ki2_convert_20120309074035.jpg
一日中私達が作業をしている回りをウロウロ、2mくらい近くまで寄って来ます。

まぁ、さすがに頭まではなでさせてくれませんけど

ki6_convert_20120309074541.jpg

ki3_convert_20120309074249.jpg
休憩中もこの通り近くまで寄ってきたり


ki7_convert_20120309074610.jpg
作業中も近くによってきたりします(写真望月の左ちょっと上)

余りに可愛いので名前をつけたいと思います。

何か良い名前はないでしょうか・・・・

2012.03.09 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
農業担当の望月は、本業の土木工事現場でどうしても重機に乗らなくてはならないため、先週土曜日は若者2人で一番大きい畑のトンネルのフレーム立てを行いました。

kiji4_convert_20120303172803.jpg

最近晴れの日が少なく、この日も翌日から天気が悪くなるとの事で望月から厳しく本日は最低でもこの畑一面のフレームを設置するように厳しく言い付かっていたそうです。

この日2月分の給料計算を終えた私は、午後から彼ら2人を手伝う事にしました。

作業をしていると、あれ??雉じゃん!上の写真黄色いズボンの男(斉藤)の右の黒い物・・・・

kiji16_convert_20120303173034.jpg


雄の綺麗な雉、尻尾がまだ短いので若いかな?
kiji2_convert_20120303172711.jpg


こんなに近寄っても逃げません・・・
kiji3_convert_20120303172738.jpg

無視して作業をしていると我々の近くに寄ってくるんです。
餌付けされてるんだろうか?とおもいつつ作業を進め、下の畑が終わり上の畑に車で移動

作業を進めながら、さすがにここまでは来ないだろう・・、どこいっとうずらか?と思っていますと。
kiji7_convert_20120303172932.jpg
写真右上がさっきまで作業をしていた畑です。

あれ?来ていましたさっきの雉
kiji6_convert_20120303172830.jpg

しかもさっきから見ていますとどぉ~も特定の人物・・斉藤の近くによっていくんです
kiji10_convert_20120303172858.jpg
写真左のフレームの中なら齊藤の仕事っぷりを見ています。

kiji11_convert_20120303173001.jpg
後ろから齊藤の仕事っぷりを見ています。

斉藤と気が合ったのではなくて、黄色の服についてくるのかな?

しかし警戒心の強い鳥がなぜ私達の後を付いてくるのでしょう?

理由は分かりました!
雉の頭の後頭部の羽が抜けいます、外敵に襲われたような感じです。

「あ!そうか」、カラスだ!
ここの畑はカラスが多い場所の中にあります。
多分、以前にカラスにいじめられたのでしょう。

人間の近くにいればカラスが来ないと言う事を知った「雉」君はこの日の人間である我々のそばをつかず離れずして実を守っていたに違いありません。

収穫体験の時までここにいてくれれば良いのですが・・・

体験に来られた皆さんにお目にかかって、ある意味この辺の圃場のアイドルになるかも
2012.03.06 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top