FC2ブログ
平成23年に入り年度末へ向けて本業の建設業も猫の手も借りたいような忙しさ・・・
そこにきて、最後の大口注文規格外品150㎏!しかもカットして洗浄という注文内容、多分最後の大口注文でしょう。
(実際、12月に収穫して土中に埋めて保管していた大塚にんじんも「いたみ」がきはじめていますので、大口注文には対応できそうもないのが現状ですが・・・

この注文を早く終わらせれば本業の建設業へ人手をまわす事ができる!・・・
と言う事で昨日私はせっせと注文にんじんの水洗い150㎏を行いました。
arai2_convert_20110121074428.jpg

午後2時くらいの風景です。まだ日が当たっていますが・・・
3時くらいになって建物の影に太陽が隠れると、一気に気温が下がり手が冷たいのなんのって。
この頃他の作業を終えた、望月とDEKA1遠藤、DEKA2岡田も手伝ってくれて4時半頃には水洗いが終了できました。
arai1_convert_20110121074453.jpg
スポンサーサイト
2011.01.21 Fri l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top
工事費の半分を県の補助金からいただいて、形状の悪い耕作放棄地の形を整え、耕作地として復活させる工事が大詰めです。

当初はこんな感じでした
hojyokinn1_convert_20101112095609.jpg

010.jpg
去年のうちに斜面に丸太柵を設置し、
004.jpg
柵の裏を埋め戻し、圃場の傾斜を緩やかにし耕作しやすくする工事です。

年が明けて、大塚にんじんの出荷もほぼ終わり、雪が降る前に最後の整地を仕上げてしまわなくてはなりません。
seiti2_convert_20110119073454.jpg
seiti1_convert_20110119073428.jpg
望月の操作によるブルドーザーでの整地作業です。
晴天の甲府盆地を見下ろしながらの作業は気持ちよさそうです。
最近関東地方には雨らしい雨が降らないので作業もしやすいようです。
なにせこの時期、雪や雨が降ると地面が乾かず昼近くまで凍りついたままになりますので、整地が思うように行かないんです。

片や女房の実家の岩手では「ラニーニャ現象」の影響で今年に入っても依然として
iwate2_convert_20110111075102.jpg
この様に雪が激しく降っているそうです。
2011.01.19 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
昨日の午後は特に予定が入っていなかったので、切干にんじんを作っていました。
10㎏の規格外のにんじんから4.6㎏作りました。
下の写真です。
kiri_convert_20110114075315.jpg

午後、泥落しから始まった作業・・・、約4時間、延々と切り刻みます。
手はにんじんのオレンジ色に染まります。

そんな作業の中「ふっ」っと思いついた事がありました。

規格外中の規格外「細くて短いにんじん」の価値を高める方法・・要するに付加価値をつける方法!

前にも書きましたが、形が良いけど、規格に満たないにんじんは1㎏の袋入りで「桔梗屋」さんの生鮮野菜アウトレットで飛ぶように売れているそうです。
kikakugai1.jpg

が・・さらにそれにすらはずされてしまう規格外の細くて、短いにんじんをどうするか
問題のにんじんはこんな感じです。
kiri1_convert_20110113182433.jpg
これじゃ細すぎて、切干にんじんにするにも効率が悪すぎます。

どうすればこのにんじんたちの価値を復活させる事ができるか「100SHOW社長」は単純な切干にんじん作り作業をしながらひらめきました!

kiri2_convert_20110113182710.jpg
kiri3_convert_20110113182738.jpg
頭と尻尾落として皮むいて・・・
kiri4_convert_20110113182808.jpg
んでもって
こう切って
kiri5_convert_20110113182832.jpg
kiri6_convert_20110113182859.jpg
袋に入れてやりゃ・・ほらっ
kiri7_convert_20110113182924.jpg
立派な「手間いらず」と言う付加価値がついた大塚にんじんになったじゃないですか
これって、随分以前からカレーの具材セットとかでありましたよね、何で気付かなかったんだろう。
切干作るより手間もかからないです。

ただ・・・やっぱり販路
頑張って開拓しなきゃ
2011.01.14 Fri l 日々の出来事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
大塚にんじんは形、色、長さ、重さでA級品とB級品と規格外品に分かれます。
A、B級品は重さと長さが多少違うだけですから普通の値段、400円以上/kgの値段が付きますが、規格外品は主に一般の農家では加工品(ドレッシング)の材料として売買されます。
そこには一定のルールがあります。
suekuti1_convert_20110107172059.jpg
上の写真が規格外品のサンプルです。上のほうに重さが書いてあります。

加工品(ドレッシング用)として売る場合、泥を落とし、頭の部分(この写真の葉っぱのついている部分)を切り落とし、径が3cm
以下の部分を切り落として㎏単位で出荷します。

ちなみに径2㎝以下を切り落とした場合の写真は
suekuti3_convert_20110107172158.jpg
上の写真のように重さにあまり変化がありません、

しかし、径3cm以下を切り落とすと・・・・
suekuti4_convert_20110107172233.jpg
一気に元の重さより100g減ってしまうんです

これをお金に換算しますと。
150円/㎏(一般的な値段です)で規格外品が取引されていると仮定しますと、径3cm以下の重さ100gが切り落とされてますからにんじん1㎏につき150円を無駄にしていると言う事になります。

上記の結果から分かりますように、規格外品ですから値段の低下はしょうがないとしても、径が3cm以上という取り決めから、2cm以上という取り決めに改善してもらえると農家の人たちは助かると思うんですが・・・

ちなみに我が丸八農園では、ドレッシング用として規格外品を出荷する事はしていません。
規格外品も少しでも無駄なく売れる販路を開拓しています。
2011.01.08 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
新年明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
今年も市川三郷町のため、地域の活性化のためもちろん、会社のため、「丸八農園」頑張ります。
本年もよろしくお願いいたします。
ganntann1.jpg
ganntann2.jpg
元日の甲府盆地です。曇っていてイマイチ(さっきまで晴れていたんですが・・・)です。
まあ、鹿児島でも雪が24cmも積もったり、鳥取では降雪のため国道に車が何百台も立ち往生して、自衛隊の災害派遣要請があったように全国的には大荒れのお正月なんですが、ここ山梨では晴れとは行かないまでも、通常のお正月が迎えられました。

ちなみに、女房の実家岩手でも昨日は凄い大雪だったらしいです。
yuki2.jpg
yuki1.jpg
これがその写真・・・
玄関から先に出れません。女房の妹の車が雪にうずもれてしまっています。
これじゃ、お正月どころじゃありません!
そもそも岩手県は秋田との県境以外はあまり雪が降らないところです。
女房の実家がある、岩手県岩手郡岩手町字沼宮内(ぬまくない)も県北部の内陸にありますがそんなに雪が降らないところです。
しかしどうですかこの雪!本当に新潟県などの豪雪地帯と間違えるような積雪です。
ここに住む年老いた義父、義母が心配です・・・
早く天候が回復するのを、遠い山梨から祈るだけです
2011.01.01 Sat l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top